医師の勤務形態には、常勤と非常勤があります。
医師の転職をするにあたり、常勤と非常勤、どちらを選んで働く方がメリットがあるのかは人それぞれです。
今回は、常勤医のメリットについて調べてみました。

  常勤医として働く条件とは

医療法によれば、常勤医は週32時間以上の勤務をしている医師を常勤医と定めています。
実際には医療法の規定は各病院に必要な医師の数を算出するためのものなので、週32時間以上働く非常勤医もいます。

常勤医の場合、週4日以上、32時間の勤務が最低ラインの条件です。
もちろん、医師の転職先にもよって条件となる勤務時間は異なるので、契約の際は勤務時間などの条件をしっかり確認しましょう。

  福利厚生がしっかりしているから安定性が高い

常勤医は、掛け持ちができる非常勤医と比べて時間の融通は聞き辛いですが、その分福利厚生がしっかりしているという安定性があります。
正規雇用である常勤医は、ボーナスや福利厚生、社会保障など、雇用の安定が約束されています。

また、非常勤医は自分で保険加入の手続きを行わなくてはなりませんが、常勤医ならこうした社会保険の手続きなども全て勤務先が行ってくれるので、余計な手間がかかりません。

また、常勤医は正規雇用のため、万が一失業したり、退職をしても失業保険が貰えます。
病院の破綻というニュースも昨今ではよく聞かれますが、もしもの時もきちんと保障が得られるのが常勤医のメリットです。

  自分のスキルアップができる

常勤医は、同じ病院で長く勤務するという勤務形態のため、スキルアップができる環境としては最適です。
認定医や専門医など、自分のキャリアにつながる研究や資格取得を考えているなら、常勤医の方がおすすめです。

常勤医師は多くの場合、自分の専門科で主治医としての担当を持ちます。
同じ専門科で長く働くことで、最新の技術や治療法を腰を据えて学び、スキルアップができるのは常勤医のメリットといえます。

医師の転職が当たり前となっている今、常勤医として勤務する医師の中には、自分のスキルを上げて、次の転職につなげようと考えている方も多いです。
また、常勤医は周囲と人間関係が築きやすい環境にあるため、医師としての人脈を得やすいというメリットもあります。

特に、今後独立開業を考えている医師にとって、人脈作りは大切です。
自分の将来的な目標が決まっているのであれば、その道を目指すために常勤医として働く環境を有効活用するのがおすすめです。