これまで、医師の転職先としては常勤医が大半を占めていました。
しかし、最近では医師の転職先に非常勤医を選ぶ方も増えています。
非常勤医には実は常勤医にはない様々なメリットがあります。
今回は、非常勤医のメリットについてご紹介します。

  自分の時間が持てるからプライベートが自由

医師は忙しく、急患対応や当直などの時間外勤務が多い激務というイメージがありますが、実はそれは常勤医だけの話です。
常勤医は1つの病院に所属し、週に32時間以上の勤務や、当直業務などがありますが、非常勤医の場合、決められた勤務時間を超えた残業などはほとんどありません。

自分で自分の働く時間を決められるので、プライベートな時間を大切にしたいという方には非常勤医がおすすめです。
自分の時間が持てるので、家族で過ごす時間や、研究に当てることもできます。

限られた時間を有効に活用して自分のライフバランスを優先して働きたいなら、非常勤医の方が向いているでしょう。

  副業可能なので高収入が期待できる

非常勤医の場合、週に数日の勤務を行う定期非常勤という勤務形態と、特定の日だけ出勤するスポット勤務というものがあります。
同じ病院の勤務に拘束されている常勤医と違い、非常勤医は自分の時間をフルに使って非常勤医の仕事の掛け持ちができます。

副業可能ということは、もちろん高収入も期待できるので、とにかく稼ぎたいという方は、非常勤医として働くのが一番です。

また、実は時給換算すると常勤医より非常勤医の方が時給が高い傾向にあります。
そのため、副業可能で掛け持ちをしている非常勤医の方が、安定しているというイメージのある常勤医より、給与面では恵まれているケースが多いです。

  ワークバランスを重視するなら非常勤医がおすすめ

上記でご紹介したように、非常勤医のメリットは、時間の融通がきくということと、副業可能ということです。
この2つのメリットは、ワークバランスを重視したい方にとって大きな意味を持つでしょう。

たとえば、自分の時間をフルに活用してとにかく高収入を得たいという方は、非常勤医として病院を掛け持ちし、空いている時間にスポット勤務を入れるなどすれば、常勤医よりかなり高い収入を得ることができます。

また、家族と過ごす時間など、プライベートな時間を大切にしたいという方は、定期非常勤医として働き、少ない勤務時間で効率的に稼ぐという働き方も可能です。
自分のライフスタイルに合わせて計画的に働くことができるのが、非常勤医の良いところです。

非常勤医のデメリットを知る