医師の転職がインターネットを利用して手軽にできる事になった事で、医師の転職は非常に身近なものとなってきました。
実際に転職した医師の方々のエピソードを知って、後悔しないような医師の転職を目指しましょう。

 

エピソード1

ある40代前半の男性医師の場合。
これまでも何度も転職を繰り返していたものの、自分の思う環境と合わないという違和感が消えず、どの勤務先も長続きしないという状況でした。


これまで常勤医としても非常勤医としても勤務経験があり、決して医師としての知識や経験も不足していないにもかかわらず、これまで転職が上手くいっていなかったのには理由がありました。


実は、男性医師はこれまで自分が転職先を探す条件として「自宅から通いやすい病院」という、非常にアバウトな項目だけを条件に転職活動をしていました。
そのため、それぞれの病院のリサーチ不足で、自分に合っていない転職先ばかりを転々とすることになってしまったのです。


そこで、医師の転職エージェントを利用して、自分のキャリアプランや転職に求めるものを細かくまとめる事にしました。
浮かび上がってきたのが「将来開業を考えているため、自分の専門科の勉強ができて、開業資金を貯められる程度の安定した収入」という条件でした。

目先のメリットだけではなく、将来を見据えた目標や、それにつながるメリットを考える事で、転職を成功させたケースです。

【転職成功の秘訣:常勤医と非常勤医の収入を知る

エピソード2



30代後半の女性非常勤医の体験談は、ワークバランスを重視して転職を成功させた例です。
医師として都内の病院で常勤医として働いていた女性医師は、結婚を機に退職し、のちにお子さんを出産されました。


その後、ある程度育児に手間がかからなくなってきた段階で、非常勤医としての復帰を希望し、転職活動を始めました。


非常勤医としての勤務の場合、どうしても即戦力が求められる傾向にあります。
しかし、今回のケースの場合は結婚と出産によるブランクがあったため、しっかりとサポート体制のある病院でないと復帰は難しいという条件でした。


今回のケースでは、幸いにもしっかりとサポート体制が整っている上、院内保育所が病院での非常勤医契約に成功しました。
これまで難しかった女性医師の転職も、昔に比べて育児しながら働ける環境が整ってきています。
医師確保が求められている今、女性医師の復帰による転職活動もやりやすくなっているといえるでしょう。

【転職成功の秘訣:非常勤医の勤務環境を知る