医師の転職サイトでは、多くの医師の募集があります。
医師の転職を成功させるには、自分のライフスタイルやキャリアプランに合った職場を見つけるのが重要です。
常勤医と非常勤医の違いを、勤務時間の面からまとめてみました。

  常勤医と非常勤医の違いとは

常勤医と非常勤医は、厚生労働省が定めた医療法によって定義されています。
医療法第25条第1項によると、
常勤医とは常勤医とは病院で定めた医師の1週間の勤務時間が32時間以上、週4日以上勤務している医師の事を指します。
医師転職とは週に32時間の勤務に以下の医師は非常勤医にあたります。

ただし、必ずしもこの規定通りに常勤医と非常勤医の違いが定められているわけではないのが現状です。
医療法で定められた規定は、各病院によって必要な医師を算出するためのものです。

そのため、実際に常勤医と非常勤医の区分は、採用する医療機関によって定められます。
医師不足の地域などでは、病院によっては週32時間以上働いている非常勤医もいます。

そのため、医師の転職を考える際は、その求人に書かれている病院の募集規定をしっかり確認して、勤務時間の規定を調べることが成功する転職の鍵となります。

  常勤医は勤務時間が長くなりがち?

常勤医は正規雇用にあたるため、福利厚生や安定した収入を得られるのが最大のメリットです。
しかし、ほとんどの場合常勤医は主治医制のため、患者の容体が急変した際は勤務外での対応が求められたり、当直業務が発生したりします。

そのため、常勤医はどうしても非常勤医と比べて業務の量が多く、勤務時間が増える傾向にあります。
人によっては、オンオフの切り替えが難しく、プライベートの時間が取りにくいという理由で、敢えて非常勤医の募集を探す方もいます。

  非常勤医は2つの働き方がある

非常勤医には、「定期非常」と「スポット非常勤」という2つの働き方があります。
定期非常勤とは、週に何日か出勤する曜日を決めて定期的に勤務する契約です。

それに対して、スポット非常勤というのは、特定の日に出勤する契約となります。
スポット非常勤の例としては、健康診断やワクチン接種の時など、1日単位の限られた契約です。

非常勤医は、時間の自由がきくというのが最大のメリットになります。
医師が転職前に知りたい非常勤医のデメリット

常勤医は安定した収入が魅力ではありますが、責任の大きさや勤務の長さといった負担がデメリットとなります。

非常勤医なら、自分のプライベートな時間や研究の時間を確保しながら自由に仕事のスケジュールを組むことができます。
そのため、収入よりも自分の時間を優先したいという方には、非常勤医の方が向いているでしょう。
医師が転職時に迷う働き方を選ぶポイント



医師転職のエピソードを読む